看護師バイト - 転職サイトを使うメリットとは?

看護師バイト → 看護師バイトのお仕事探し│転職サイトを活用しよう!

看護師バイトのお仕事探し│転職サイトを活用しよう!

看護師の求人を見つけるために、どのようなところを利用されていますか。ひとつはハローワークですね。さまざまな職種が一か所に集まっており、膨大な情報を管理しています。公共機関のため、詐欺まがいの情報の掲載はなく安心して利用できます。また無料ですので職探しに負担をかけることはありません。

しかし、ハローワークのデメリットとして、看護師のみの情報を取り扱っているわけではないので、訪れる人の数が多く、順番待ちなどで時間を消費してしまうことが挙げられます。

またインターネットでも情報は掲載していますが、ハローワークを仲介するため窓口に必ず出向かなければなりません。これは現時点で仕事を持っている方にとって、非常に不都合です。

一方、昨今ではインターネットを使って求人を検索する方が多くなってきました。インターネット上にある転職サイトは、それぞれの職種に特化しており、看護師なら医療系の転職サイトを利用すると良いでしょう。

そこでは看護師や医師、薬剤師などまさしく医療系のみの求人を取り扱っています。ハローワークのように、膨大な情報の中からいくつかの条件にチェックを入れ、検索を繰り返す必要がありません。

なにより便利なことは、自宅で転職活動ができるという点ではないでしょうか。インターネットを使うことにより、職場の人間に気を遣うことなく、また空いた時間を転職活動に充てることができるので、仕事に支障をきたしません。

転職サイトに登録をすると、担当のコンサルタントが付きます。このコンサルタントは、単に情報の提要だけではありません。こちらが積極的であればどんどん転職のサポートを行い、アドバイスや情報を提供してくれます。

希望や条件を提示すれば、それに見合った求人を探してくれます。その他にも履歴書の書き方や、面接の仕方。面接の日程の調整もしてくれ、まるで秘書のようです。

ですが、登録をして情報を受け取るだけでは、コンサルタントも積極的に協力をしてくれません。それは転職サイトのメリットを半分も捨ててしまっていることと同じです。より良い環境や待遇を手に入れるためには、効率よく動き、利用できるものは利用しましょう。

手術室看護師の役割

手術室看護師とは、執刀する医師だけでなく、患者のサポート役も担っています。手術室に配置される看護師の望ましい人数は、一室につき四人です。

しかし、昨今は手術件数の増加により、そのような人数配置が可能な病院は少数と言えます。手術室看護師は、安全な手術を遂行するためにも必要な存在であり、これから需要を伸ばしていくことでしょう。

さて手術室での主な業務内容は、器械出しや外回りで、それぞれひとりずつ看護師が担当します。器械出しでは、執刀する医師に手術で使用する器具を手渡します。医師は患者から目を離すことができません。ですから手渡す手術器具は、手術の現状を把握判断した上で、適切なものでなければなりません。

手術室看護師は、手術の手順や、取り扱う器具についての知識をしっかりと覚えなければなりません。この業務は、手術看護師の基礎とも言えます。新人の看護師は、最初にこの業務を任せられることが多いようです。

続いて外回りと言われる業務です。これは手術を行う前から業務は始まっています。手術前の患者さんへの声掛けから始まり、術中の体位交換や看護の記録作成、そして患者さんの家族への状況を伝えることもします。

また術後、病棟看護師への申し送りも外回りの看護師が担当します。外回り担当の看護師は、手術全体の流れを把握した上で、次の行動の判断をし、指示を出します。つまりマネージャー的存在です。

手術室看護師の魅力は、看護師としてのレベルアップができるという点でしょう。手術についての知識を深めることができ、術後の患者さんに対しては、単なる知識からのケアではなく、患者さんの状態に寄り添った看護ができるようになります。

なにより、器械だしや外回りの経験は、素早く正確な判断力と分析力を培うことができます。そのスキルは看護師を続ける上で、非常に重要なものになります。

手術室看護師になるためには、看護師免許があれば未経験であっても配属が可能です。ですが、手術室看護師には、判断力と分析力に加え、専門的知識も必要です。そのため未経験よりも、経験のある看護師を配属したいという病院の考えもあります。まずは病棟での基礎的な知識を高めてからチャレンジしてみるとよいでしょう。